よもぎの効果・効能

  • HOME > よもぎの効果・効能

よもぎの効果・効能

韓国では、よもぎを使った健康法として、約600年前からの伝統的な民間療法として「よもぎ蒸し」が行われています。
これは、よもぎには女性特有の不妊症、更年期障害、生理痛などの改善に効果があるとされているからです。
また、美肌効果やストレス解消などの効果もあるとされています。

さらに韓国では、チゲやチヂミなどによもぎを入れて食べたり、よもぎ茶が飲まれています。

日本では古くから、お灸のもぐさによもぎが使われてきました。
また、お風呂に入れたり、切り傷に塗ったり、乾燥させたものを枕元に置くと睡眠やストレス緩和を促す、ということなどに使われています。

アロマ効果

よもぎの香りには、ストレスを緩和させて、睡眠を促す働きが有ります。
よもぎのアロマ効果では、嗅覚によって脳が刺激され、ホルモンバランスや免疫反応に影響を与えて、心を安定させてくれます。

ダイエット効果

よもぎに含まれるクロロフィルは、食物繊維の1/5000サイズ。
血管の隅々まで行き渡り、代謝を促すことでダイエット効果が期待できます。
また、クロロフィルはコレステロール値を下げ、血中脂質の正常化を促すことが実証されています。

お灸

日本では古くから、よもぎはお灸のもぐさとして使用されてきました。
昔の書物には、よく燃える草の意味から「善燃義」「燃草」などと書かれています。

蒸し風呂

韓国では、約600年前からよもぎの蒸し風呂が民間療法として行われています。
女性特有の更年期障害や生理痛などの婦人科系の改善に効果があるとされています。

▼私が注文した亀山堂「カメヤマ発酵よもぎ」

発酵よもぎ