疲労を回復させるビタミン | 疲労回復の方法

  • HOME > 疲労を回復させるビタミン

疲労を回復させるビタミン

三大栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)を、スムーズに代謝させるには、酵素が必要。
ビタミンやミネラルには、この酵素の働きを促進する効果があります。

ビタミンやミネラルは、直接疲労を回復させるものではありませんが、体の中で酵素の働きを活性化させて、代謝をスムーズに行い、様々な疲労を回復してくれます。
体に疲労が溜まるのは、ビタミン・ミネラルが不足して新陳代謝が低下しているためなのです。

ビタミンとは

ビタミンは、五大栄養素(糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル)の一つで、体の中ではミネラルと同じように微量栄養素として働きます。
ビタミンやミネラルが不足すると、酵素の働きが鈍くなり、糖質・脂質・たんぱく質などの代謝も悪くなります。
ビタミンは、体の中でほとんど作ることができないため、食事から摂取しなければなりません。

ビタミンの種類には、A・B1・B2・B6・B12・ナイアシン(ニコチン酸)・パンとテン酸・葉酸・ビオチン・C・D・E・Kの13種類があります。
B1〜ビオチンまでは、ビタミンB群と呼ばれています。

ビタミンの仲間には、イノシトール・オロト酸・カルニチン・コリン・P-アミノ安息香酸・ビタミンF・ビタミンB15・ビタミンU・ピロロキノロンキノン・フラボノイド・ユビキノン(コエンザイム)・リポ酸などがあります。

ビタミンの性質には、水溶性(水に溶ける性質)と脂溶性(油に溶ける性質)ものがあります。

水溶性ビタミン
水溶性ビタミンは、水に溶けて排泄できるため、過剰症の心配がほぼ無い。
B1・B2・B6・B12・ナイアシン(ニコチン酸)・パントテン酸・葉酸・ビオチン・C

脂溶性ビタミン
脂溶性ビタミンは、油に溶けて蓄積されるため、摂取しすぎると過剰症を引き起こす恐れがある。
A・D・E・K

疲労回復と関係するビタミン

糖質の代謝:ビタミンB1
脂質の代謝:ビタミンB2
たんぱく質の代謝:ビタミンB6
肉体的な疲労:ビタミンB群
だるさ、倦怠感:ビタミンB1
眼精疲労に:ビタミンA、βカロチン
血流改善:抗酸化作用のあるビタミンE、リポ酸
不眠解消:ビタミンB群
食欲不振:ナイアシン
貧血:葉酸、ビタミンB1
ストレス緩和:ビタミンB1、C
精神状態の不安定:ビタミンB6、B12
貧血:ビタミンB12
生理痛:ビタミンB6
二日酔い:ナイアシン
筋肉痛:ビオチン
つわり:ビタミンB6、葉酸
免疫力低下:ビタミンC
喫煙:ビタミンC
風邪:ビタミンC
コレステロール:ビタミンC、E
:ビタミンD、K
冷え性・肩こり:ビタミンE
心臓:ビキノン(コエンザイム)

食事の見直し 関連情報

おすすめのサプリメント

疲労回復におすすめのサプリメント、健康食品を紹介します!