食事と睡眠 | 疲労回復の方法

  • HOME > 食事と睡眠

食事と睡眠

疲労を回復させるには、五大栄養素である「糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル」と、食物繊維をバランス良く摂取することが大切。
栄養が偏らない食事を心がけましょう。
ただし、寝る前や夜遅くに食べることは良くありません。

疲労を回復させるには、五大栄養素である「糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル」と、食物繊維をバランス良く摂取することが大切。
食べてすぐ寝ると、脳や体は寝ていても、自律神経が動いている胃腸は働いています。
膵臓はインスリンを分泌して、肝臓は栄養の合成と分解を繰り返しています。
内臓器官は休めない状態が続いてしまうのです。
また、寝る前に食べると肥満になりやすくなります。

疲れている時には酸っぱい食べ物

体が疲れている時には、酸っぱい物、酵素を含む食品を食べると良いとされています。
例えば、黒酢などにはクエン酸やアミノ酸が豊富に含まれているので、血液がサラサラになり、疲労物質(乳酸)の分解が早いことも分かっています。
疲れて食欲がない時は、アミノ酸飲料や酢の物などを少しでも摂取すると、血行が改善されて、疲れの回復が早まります。

野菜や果物に多く含まれている酵素は、ビタミンやミネラルなどと一緒に働き、糖質・脂質・たんぱく質の代謝に関係しています。
体内では、胃腸の働きを活発にして、生体バランスをとる働きがあり、免疫力を高めて疲れを緩和します。

睡眠も大切

疲れている時は、クエン酸やアミノ酸が豊富に含まれている食べ物を摂取して、早めに就寝することが大切。
ただし、寝過ぎたり、睡眠不足になると、体調のバランスが崩れて逆に疲れが溜まります。

睡眠にはレム睡眠、ノンレム睡眠があります。
レム睡眠は、体は寝ているのに、脳は起きている状態(浅い眠り)で、入眠してから1〜2時間後に現れます。
ノンレム睡眠は、脳は寝ているのに体は起きている状態(深い眠り)。
レム睡眠の90分後にノンレム睡眠が現れるます。
この2つの睡眠が交互に現れることにより、疲労も回復されていきます。
睡眠時間はライフスタイルに合わせてレム睡眠・ノンレム睡眠を考えて、最低6時間は寝るようにしましょう。

疲労を回復させる方法 関連情報

おすすめのサプリメント

疲労回復におすすめのサプリメント、健康食品を紹介します!