疲れにくい弱アルカリ性体質 | 疲労回復の方法

  • HOME > 疲れにくい弱アルカリ性体質

疲れにくい弱アルカリ性体質

酸性体質は6.8pH前後ですが、弱アルカリ性体質は7.4pH前後です。
弱アルカリ性は、免疫細胞が一番活発に働き、健康体とされています。

弱アルカリ性になるためには、酢・梅・野菜などのアルカリ性食品を摂取することが一番。
アルカリ性食品は、血液をサラサラにする効果があるので、毛細血管の血流も改善されます。
細胞へ栄養や酸素をより多く運ぶので、免疫力も正常に機能します。
また、老廃物の回収・疲労物質(乳酸)の分解ができるようになり、疲れにくい体質になります。

弱アルカリ性体質と疲労回復の関係

アルカリ性食品(野菜・お酢・レモン・梅・オレンジ・昆布など)

血液のアルカリ化→サラサラ血液

血流改善→クエン酸回路の活性化

細胞へ酸素・栄養の供給

細胞の活性化

弱アルカリ性体質

免疫の活性化

疲労回復が早くなる・病気にかかりにくい・治りやすい

アルカリ性の食品を摂取すると、血液がサラサラになり、血行促進・老廃物の回収・免疫機能が正常化し、体内のクエン酸回路も活性化して、疲労物質(乳酸)の分解が促進され、疲れにくくなります。
疲れにくい弱アルカリ性体質の基本は、酢・梅・野菜などのアルカリ食品。
酸っぱいものが疲労回復のキーワードになります。

疲労の原因 関連情報

おすすめのサプリメント

疲労回復におすすめのサプリメント、健康食品を紹介します!